30系ハリアー

燃費

メンテナンス

車グッズ

車中泊関連

ドライブ記録

記事一覧

TOP > Chromebook > 海外版「ASUS Chromebook flip C434TA」を購入しました(比較〜注文まで)

海外版「ASUS Chromebook flip C434TA」を購入しました(比較〜注文まで)

pixelbook goが発表されましたね。
速報:Pixelbook Goは13.3型、約1.06kgで649ドルからのChrome OS機
japanese.engadget.com/2019/10/15/pixelbook-go-13-3-900g-649-chrome-os/


なかなか魅力的な価格とサイズ感ですが、今までのpixelbook同様日本では発売されないのでしょうね。




一年経過して

さて、一年ほど前の記事で「Chromebook C101PA」 を購入し、すこぶる快調ですっかりChromebookの虜になってしまいました。

10 .1インチ、900gを切るモバイル性の高さのおかげでかばんに放り込んで(もちろんケースに入れてですが)ブログを書いたり仕事でも使っていました。
数秒で立ち上がる使い勝手の良さや、OS自体が軽いため裏で何かが動いているから遅いといったストレスもなく、CPUがChromebookに最適化されていると言われている「OP1」とメモリが4GB積んであることの恩恵に預かっているのかなと思います。





一年間使ってみて気づいたことと言えば


・キーボードにバックライトが無いため夜は使いづらい。
・USBタイプCが2口あるのはいいが右側にしかないので使いづらい。
・ディスプレイのタッチの感度はあまり良くない
・画面が少し狭い(モバイル性との天秤にかかってしまいますが)
・太いベゼルが若干気になる


くらいです。

と言っても4万円を切る価格でここまで使い勝手が良かったのでこのままずっと使おうかと考えていたところ2つの事件が起こりました。




一つは落下による画面の割れ(といってもベゼルの部分にひびが入っただけなので液晶部分は一応無事です)



もう一つはキーボードにマミーをこぼしてしまったことです(笑)



画面の割れに関しては我慢して使っていこうと思ったのですが、マミーはどうしようもできませんでした。
しばらく乾かしてから使ってみたのですが、スペースキーを押したときにネチャっとしてしまいすごく使いにくくなってしまいました。
さらに音量ボタンが勝手にUPを触ったときと同じになってしまい常に最大音量になってしまったことも更に使い勝手が悪くなったことの原因の一つです。





流石にこれを使い続けることはストレスが溜まってしまうと考えたため、新しい端末を購入することにしました。


ASUS choromebook flip C434TAです。

www.asus.com/jp/2-in-1-PCs/ASUS-Chromebook-Flip-C434TA/
c434 



スペック表
C434TA C302CAC101PA
ディスプレイ14インチ IPS
1920×1080
タッチスクリーン
グレア
360°回転
12.5インチ IPS
1920×1080
タッチスクリーン
グレア
360°回転
10.1インチ IPS?
1280×800
タッチスクリーン
グレア
360°回転
CPUCore m3-8100Y
Core i5-8200Y
Core i7-8500Y
Core m3-6Y30
Core m5-6Y54
Core m7-6Y75
OP1 Hexa-core
RAM4GB/8GB4GB
グラフィック性能インテルUHD 615インテルHD 515Mali-T860 MP4
内部ストレージ32GB eMMC
64GB eMMC
128GB eMMC
16GB eMMC
外部ストレージmicroSD(最大2TB)microSD
ポートUSB-C ×2
USB3.1 ×1
イヤホンジャック
USB-C ×2
イヤホンジャック
USB-C ×2
USB2.0 ×1
イヤホンジャック
その他バックライトキーボード
パームリジェクション
エルゴリフトヒンジ
バックライトキーボード
バッテリー最大10時間最大9時間
サイズ幅320 × 奥行202
× 厚み15.7mm
幅304 × 奥行210
× 厚み13.7mm
幅262×奥行182×厚み15.6mm
重さ1.45kg1.2kg0.9kg
価格570ドル〜499ドル〜299ドル〜
自動更新ポリシー2024 年 6 月2022年11 月 2023 年8月




参考までに購入するのに悩んだ12インチのChromebookも比較してみました。




C 302は自動更新ポリシーが短いことと、発売当時はハイスペックだったと思うのですが、今見ると値段の割にロースペックかなと思います。
もちろん使い方にもよると思うのですが、私の場合なんだかんだで家の中で使いことがものすごく多かったため、多少重くても14インチのC434を選びました。




スポンサーリンク


価格について


2019年10月12日現在の価格です

日本版は3種類

①Corei5-8200Y RAM 8GB ROM 64GB 98,985円(アマゾン価格)
②CoreM3-8100  RAM 8GB ROM 32GB 93,980円(ASUS直販)
③CoreM3-8100  RAM 4GB ROM 32GB 72,464円(アマゾン価格)

海外版は2種類(北米アマゾン)

④CoreM3-8100  RAM 8GB ROM 64GB 62,944円+送料
⑤CoreM3-8100  RAM 4GB ROM 64GB 59,566円+送料





CPUとRAMの比較


C101もRAMは4GBで困ったことはありませんでしたが、ブラウザのChrome自体がメモリが多ければ多いほど性能を発揮することと解像度が上がり2画面で作業することも考えた結果①、②、④に絞りました。



次にCPUですが、同じくC101の使い方で力不足を感じたことはありませんでした。CoreM3もCorei5もスペックアップなのですが、上記のとおり10万近い値段になってしまうため、②or④のCoreM3のモデルが良さそうです。
ちなみにcorei5といってもいわゆるデスクトップやMacBook等に積まれているような高性能なものではなく、末尾にYがつくように超低電圧ですので、coreM3との性能差はあまり無いようです。
いずれにしてもファンレス仕様となっています。




そうなると日本と北米でそれぞれ1つずつモデルが絞られるのですが、④の北米のモデルのほうが約3万円安くなっています。しかもROMの容量も大きいです。
もちろんデメリットがありまして



1.日本で保障を受けることができない
2.日本語キーボードではなく英字キーボードになる(これはメリットにもなりますが)
3.配送に時間がかかる



1.に関しては安い分保障が無いと割り切るしかありません。

2.に関しては、普段から「ローマ字入力」をしているのであれば、ひらがなの印字は不要なのでむしろキートップがスッキリしてかっこよくなると思います。ただし、「かな⇔英数」のキーはありませんので「ctrl+スペースキー」で代用することになります。後は、エンターキー周りが異なりますが慣れると思います。

3.に関しては、当然アメリカから発送されますので時間がかかります。
私の場合運が良かったのか、10月1日に注文して8日に届きました。


米アマゾン1アマゾンアマゾン4


ということで④の北米モデルを米アマゾンでポチったところあっという間に手元に届きましたので次回でレビューしたいと思います。

スポンサーリンク





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シスイ

Author:シスイ
長野県の南の方に住んでいますが寒いです。スタッドレスタイヤ必須です。

30系ハリアーを平成23年7月に納車しました。
旧型を愛する20代のサラリーマンが、同じハリアーオーナーにしか気付かれない純正然なカスタマイズを目指します。
ついでに10系アクアもいじります。
最近はChromebookにハマっていましてメイン端末はC434です。

【メールはこちらから】

月別アーカイブ

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

アクセスカウンター(UU)

アクセスカウンター(PV)

アクセスランキング

スポンサーリンク

楽天

Amazon