30系ハリアー

燃費

メンテナンス

車グッズ

車中泊関連

ドライブ記録

記事一覧

TOP > CATEGORY - ハリアーカスタム(電装系)

フォグランプを鮮やかなイエローのLEDに!3000K 6Wタイプに交換してみました

フォグランプはその名のとおり濃霧時に使うためについているはずですが、最近は専ら外観意匠のために点灯されているのを多く見かけます。意見は色々あると思いますが、対向車が眩惑されず被視認性が上がるのであれば点けっぱなしにすることは必ずしも悪く無いと思います。私としてはポジションランプの明かりで充分非視認性が上がると思いますし、ランプの寿命が縮まって勿体無いと思いますので点けませんが・・・。事故を減らす意...
フォグランプはその名のとおり濃霧時に使うためについているはずですが、最近は専ら外観意匠のために点灯されているのを多く見かけます。
意見は色々あると思いますが、対向車が眩惑されず被視認性が上がるのであれば点けっぱなしにすることは必ずしも悪く無いと思います。
私としてはポジションランプの明かりで充分非視認性が上がると思いますし、ランプの寿命が縮まって勿体無いと思いますので点けませんが・・・。


事故を減らす意味ではメーカーは寧ろリアフォグランプの方を優先して取り付けるべきだと思います。濃霧時は追突事故のほうが多いんじゃないでしょうか。
ハリアーの場合は寒冷地仕様(+30,000円)にしないとリアフォグランプが付きませんでしたので、普及させるためにはやはり標準で付けるべきでしょう。


さて、前置きが長くなりましたが今回はリアフォグランプをハロゲン球からLED球に交換した上でより鮮やかなイエローを目指してみました。


交換方法につきましては、この辺りを外しているとバンパーが外れます。

フォグランプイエロー化3フォグランプイエロー化5
フォグランプイエロー化6フォグランプイエロー化7
フォグランプイエロー化8


すみません実は以前の作業なのでうろ覚えです(笑)

続きを読む

ハリアーの純正ナビにスマートフォンを接続して動画を見る方法

以前の記事で後部座席の足元までビデオケーブルを引っ張ってきました。今回の方法では、Bluetoothレシーバーを活かしたままスマートフォンをナビに接続したいと思います。つまり、ナビへの入力方法をBluetoothとHDMI(スマホと接続)との2種類に増やします。まずは入力端子を2つにするため二股のビデオケーブル(全てオス)を用意します。このケーブルでナビ本体に対して2系統入力出来るようになりました。さて、このケーブルを最...
以前の記事で後部座席の足元までビデオケーブルを引っ張ってきました。

今回の方法では、Bluetoothレシーバーを活かしたままスマートフォンをナビに接続したいと思います。
つまり、ナビへの入力方法をBluetoothとHDMI(スマホと接続)との2種類に増やします。


まずは入力端子を2つにするため二股のビデオケーブル(全てオス)を用意します。

ケーブル16

このケーブルでナビ本体に対して2系統入力出来るようになりました。




さて、このケーブルを最終的にスマートフォンに接続する必要があるのですが、このままではもちろん無理ですのでこちらのコンバーターを使います。
HDMIコンバーター

HDMI端子をビデオケーブルにコンバートできます。

ただし動作させるには電源が必要ですので、何処からか確保してくる必要があります。

そして更に購入したのはこちらインバーターです。
ケーブル7ケーブル8

電源ソケットからUSB×1 AC電源×2 電源ソケット×1を取り出すことができます。

元の電源はラゲージルームから引っ張ってきまして、インバーターは後部座席の席の下に潜り込ませます。
ケーブル11
ケーブル10

ここからコンバーターに給電をします。
電源1

HDMIコンバーター2

配線はこんな感じになります。
配線図
大変ややこしいですが、大きな画像で載せておきますので参考にしていただければと思います。



続きを読む

受信感度の改善を期待して「ビートソニック 高感度 ロングポールアンテナ」を購入してみました

GWの真っ只中みなさま如何お過ごしでしょうか。私の場合、実家に住んでいる以上帰省するという選択肢がないため、必然的にお出かけをするという選択になるはずですが、仕事やら何やらで遠出の予定はありません・・・。まあ、GW中はどこも人で混み合っているでしょうから、休みをずらすことができればそれはそれで良いかもしれません。ということで、今回も自宅で簡単にできる車いじりの記事です(笑)以前、メッキアンテナベースを...
GWの真っ只中みなさま如何お過ごしでしょうか。

私の場合、実家に住んでいる以上帰省するという選択肢がないため、必然的にお出かけをするという選択になるはずですが、仕事やら何やらで遠出の予定はありません・・・。
まあ、GW中はどこも人で混み合っているでしょうから、休みをずらすことができればそれはそれで良いかもしれません。


ということで、今回も自宅で簡単にできる車いじりの記事です(笑)




以前、メッキアンテナベースを取り付けたことが原因なのか分かりませんが、ハリアーのラジオの感度はかなり悪いほうだと思います。


実際に別の車を運転する際にラジオをつけてみると、ハリアーに乗っている時では聴こえなかった周波数がバッチリ聴こえます。
距離にすると20kmくらいは違うような気がします。


ということで受信感度の改善を期待してビートソニック製の高感度ロングポールアンテナを購入してみました。
ロングポールアンテナ

楽天で3,000円くらいでした。

最近はシャークアンテナというのが流行っているらしいですが、ハリアーのアンテナは右寄りについているので、シャークアンテナに交換するとバランスが崩れてしまいます。また、理論的にはアンテナは長いほうが感度が良くなるのでこちらのアンテナを選びました。


既成品と比べて2倍くらい長さが違います。

アンテナ比較

アンテナの先端がスパイラル状になっていて中々かっこいいです。
弾性があるので、立体駐車場のバー程度なら当たったとしても問題なく通れると思います。




取り付け前
純正アンテナ


取り付け後
アンテナ装着




続きを読む

バッテリーを「Panasonic CHAOS 100D23L/C5」に交換しました

ハリアーを新車で購入してから4年と半年が過ぎましたが、これといって不具合もなく快調に走っています。まあ、走行距離が大したことないので当たり前かもしれませんが(^_^;)ただ最近エンジンのかかりが悪かったり、ライセンスランプが若干暗かったりと明らかにバッテリーが弱くなっているなと感じるようになりました。週末にしか乗らないのでバッテリーの環境としてはあまり良くないんだと思います。冬なので仕方が無いのかなと思...
ハリアーを新車で購入してから4年と半年が過ぎましたが、これといって不具合もなく快調に走っています。
まあ、走行距離が大したことないので当たり前かもしれませんが(^_^;)


ただ最近エンジンのかかりが悪かったり、ライセンスランプが若干暗かったりと明らかにバッテリーが弱くなっているなと感じるようになりました。
週末にしか乗らないのでバッテリーの環境としてはあまり良くないんだと思います。
冬なので仕方が無いのかなと思いつつも、過去に何度かバッテリーを上げた経験がありましたし、4年と半年も使い続けてきましたのでいっその事と思い新品に交換することにしました。


バッテリーの交換はやったことがなかったのですが、調べてみると自分自身で簡単に交換ができそうでしたのでネットで注文して自分で替えてみることにしました。


いつものように通勤快速ハリアーさんの記事を参考にさせていただきまして、どうやらパナソニックのCHAOSというシリーズが良さそうです。
早速パナソニックのサイトでハリアーの適合を確認してみると画像のとおりでした。

ijo/0u

30系ハリアーの場合「55D23L」というのがバッテリーの型番でして、「55」が性能を表し「D23L」がサイズや端子の位置を表しています。
つまり「D23L」の数値さえ同じであれば「55」の性能に関しては、お金をかけてランクアップすることが可能なのです。


適合表を確認してみると、まず一番上に次世代エコカー用とありますが、アイドリングストップ車用やハイブリッド車用のようです。

次に乗用車向けで性能順でいくつかあるようですが、折角ですので一番高性能な「100D23L」にしてみたいと思います。
表の下にある「80D23L」のほうが軽量で安価なためこちらでも十分なような気もしましたが、「フラグシップモデル」という言葉にやられてしまいました(笑)
みんカラさんなんかを見てみるとこのバッテリーを採用している方が多くいますので、割りと定番なのかもしれません。


ネットでこの型番を探してみると、送料込みで12,000円程度のものがありました。
私は「アットマックス」という楽天に出店しているお店で購入しました。
因みに廃バッテリーは着払いで回収してくれるということなのでとても安心です。
カーショップに行くと30,000円くらいで売っているのでかなり安く手に入れることができますね。



早速届きました。

itu7,

性能、容量、軽量化は最高水準と謳われており、補水も不要な高性能バッテリーです。
私のハリアーを含め、殆どの2400ccのハリアーは充電制御システムが搭載されていますので、このバッテリーを積むことにより更に長持ちするようです。
充電制御システムという言葉は初めて知ったのですが、簡単に言うと過充電防止のためのシステムのようです。

バッテリーの裏を確認してみると20160106と記載がありましたので、多分2016年製でしょう。ラッキーです。





それでは交換していきましょう。


バッテリーはマイナス端子→のプラス端子順番で外します。

,6789


プラス端子の周りに白い粉が付いていました。
これはサルフェーションといってバッテリーが劣化すると硫酸鉛が結晶化して露出する現象とのことです。
やはり劣化は進んでいたんですね~。

o,8r6

後は2箇所金具で固定されているので外れます。

l;h,uio


u7e5u57
GSユアサ製でした。
4年と半年お疲れさまでした。


続きを読む

ハリアーにUSBポートを増設してスマホを充電してみる③(助手席側)

関連記事・ハリアーUSBポート取り付け計画①(運転席側)・ハリアーUSBポート取り付け計画②(後部座席側)前回に引き続き今回は助手席側にUSBポートを取り付けていきます。助手席側に付けられる場所は自ずと限られてきまして、今回はシガーソケットパネルに付いているシガーソケットを改造して取り付けたいと思います。このシガーソケットパネルについては、以前シフトパネルをシルバーに変更したせいで木目調が浮いてしまっていま...
関連記事
・ハリアーUSBポート取り付け計画①(運転席側)
・ハリアーUSBポート取り付け計画②(後部座席側)



前回に引き続き今回は助手席側にUSBポートを取り付けていきます。


助手席側に付けられる場所は自ずと限られてきまして、今回はシガーソケットパネルに付いているシガーソケットを改造して取り付けたいと思います。

jjj

このシガーソケットパネルについては、以前シフトパネルをシルバーに変更したせいで木目調が浮いてしまっていましたが、今回併せてシルバー化をしたいと思います。


さて、まずはシフトパネルとシガーソケットパネルを外してシガーソケットの配線を外します。
少し力が必要ですが、シフトパネル→シガーソケットパネルの順番で工具無しで外すことができます。
ふryうぇ
ナビにBluetoothレシーバーを付ける作業を並列して行っていたので少しごちゃごちゃしていますね(^_^;)


シガーソケットを改造してきますが、今後シガーソケットとして使用することはありませんので、ニッパー等でガンガン分解していきます。
um5y


ここまで分解します。
内側にある白いところを残すのがミソです。
ぬ765


そして、USBポートは前回の後部座席側に取り付けたこちらのパーツを使用します。
nyt



これを取り付けてみると・・・。
byrny

なんとぴったり収まってします。
純正然としていい感じですね。



電源につきましては、シガーソケットの配線をそのまま繋ぎ直せばOKです。
ぬ5え
白っぽい配線に電源が来ていました。


これでシガーソケットの改造については完成です。




そして、次はシガーソケットパネルのシルバー化に移ります。
み6tみ6
購入先はGrazio&co.です。
http://www.grazio-co.com/30harrier/30harrier_hybrid.html

ガソリン車用ではなくてハイブリッド車専用パーツです。


ただのシルバーでなく、表面がクリア加工されています。
注文してから1ヶ月かかりましたので、流石にいい仕事をしていますね。


助手席側にシガーソケット用の穴がありますので、利便性も◎です。
このパーツに先ほど加工したUSBポートを取り付けて完了といいたいところですが、もうひとつ作業残っています。






続きを読む

ハリアーの純正ナビにBluetoothを増設して音楽を聴く方法

唐突ですが、30系ハリアーの純正ナビにはBluetooth自体は付いているためハンズフリーで通話をすることができるのですが、音楽を再生するためのプロトコル「A2DP」等が実装されていないため、音楽を聴くことは出来ません。無線で音楽を聴く方法としてはFMトランスミッターというものがありまして、スマートフォンとFMトランスミッターをBluetoothで繋いでからFMラジオで音楽を飛ばすという仕組みのものです。しかし、以前使っていた...
唐突ですが、30系ハリアーの純正ナビにはBluetooth自体は付いているためハンズフリーで通話をすることができるのですが、音楽を再生するためのプロトコル「A2DP」等が実装されていないため、音楽を聴くことは出来ません。


無線で音楽を聴く方法としてはFMトランスミッターというものがありまして、スマートフォンとFMトランスミッターをBluetoothで繋いでからFMラジオで音楽を飛ばすという仕組みのものです。
しかし、以前使っていたものはかなり音質が悪く常用出来るものではありませんでした。
その他に有線で接続するという方法もあるのですが、やはり見た目があまりよろしくないのと車内での取り回しが不便になるため取り付けようと思ったことはありませんでした。


しかし今回"ナビにBluetoothレシーバーを直接取り付けてからBluetoothでスマホと接続する"という今までになかった新しい選択肢を発見しまして、この方法であれば「ナビとスマホをBluetoothで直接接続する」ということになるので音質はそれなりに確保することが出来るようです。


早速注文した"選択肢"がこちらです。
n hyrsd

シガーソケットで電源を確保しつつAUX端子(イヤホンを繋ぐ端子)でナビと直接接続するというものです。
しかもこのBluetoothレシーバーはAACコーデックに対応しているのでかなり良い音が期待出来るようです。


この仕組みであればナビと接続して、足元の電源ソケットから給電すれば良さそうな気がします(^^)


と言いたいいところですがそうは簡単には行きません(^_^;)


まず第1に、ハリアーのナビ本体はラゲージルームの下にあります(フロントにあるのはただのディスプレイなのです)
そして第2に、ラゲージルームの下に辿りつけたとしてもナビにはAUX端子が存在せず、カプラー端子しかありません。


中々難易度が上がってきました(笑)


ということでそれぞれ解決するべく、先ずは一旦配線をイメージしてみましょう。

 yj
こんな感じです。
写真の一番下に更に配線が必要です。


ナビに直接接続するRCA端子-カプラー端子の変換ケーブルですね。




文字にしてみるとこんな感じです。

「カプラー端子(ナビ本体)-RCA端子-ミニプラグ端子-Bluetoothレシーバー-電源ソケット-ヒューズ電源」



さて、まずはラゲージルーム下のナビを探しましょう。

ナビ本体からVTRアダプターの取り出しについては通勤快速ハリアーさんの記事を参考にさせていただきました。
VTRアダプター取り付け
うyいm5おうt7み8
画像は許可を得て通勤快速ハリアーさんからお借りしました。


VTRアダプターを接続後、配線を後部座席下まで引っ張ってきてこちらのケーブルで変換しつつ延長していきます。
v4r423 t5b3v
黄色の端子は映像用の端子ですので今回は必要ありません。
延長するケーブルは1.5mだと絶対に足りないので3mの物を買って下さい。


配線を隠すためにスカッフプレートを通しながら助手席まで持って行きます。
vtrvrt

こういう時に配線コードがあると便利ですね。


続きを読む

少しの工夫で高級風に!フットランプ取り付け(前部座席+後部座席)

今回はハリアーにフットランプを取り付けてみました。30系ハリアーの場合AIRSモデルには標準で付いているのですが、その他のモデルはオプション扱いです。幸いにも私のハリアーには配線は来ているようでしたので専用のランプを購入すれば直ぐに取り付けができるようです。グレードや発売時期によって配線の有無があると思いますので、取り付けを検討される方は一度足元のパネルを外して確認してみてください。今回購入したのはこち...
今回はハリアーにフットランプを取り付けてみました。


30系ハリアーの場合AIRSモデルには標準で付いているのですが、その他のモデルはオプション扱いです。
幸いにも私のハリアーには配線は来ているようでしたので専用のランプを購入すれば直ぐに取り付けができるようです。
グレードや発売時期によって配線の有無があると思いますので、取り付けを検討される方は一度足元のパネルを外して確認してみてください。



今回購入したのはこちらです。
nrt
30系ハリアー専用LEDフットランプ[HRL06]
2個セットです。
やたら高いですが信頼性はあります。


早速取り付けてみます。


画像は運転席側ですが、足元のパネルを外すと配線が出てきます。
m7jf7e64


ココにセットして・・・
。k;ぐj

ひねると固定されます。
hうdragons.seraphic.silfade@gmail.comづ


れn

後は配線を取り付けて元に戻すだけです。


u56h47n

高級車っぽい雰囲気がでました!



さて、通常であればこれで完了なのですが、これだけだと後部座席の足元は暗いままです。


このままだと少し寂しいので配線を分岐させて後部座席にもフットランプを増設してみたいと思います。


続きを読む

ドライブレコーダーの電源を電源ソケットからヒューズ電源に変更

新年明けましておめでとうございます。年末年始は雪も降らず今年も平穏な一年になると良いなと思います。ブログに関してですが、昨年はそこそこ記事を書けたかなと思って確認してみたところ61記事でした。2013年は61記事2014年は57記事でしたので意外と変わりありませんでした。大体6日に一本のペースですね。ネタもだいぶ尽きてきた感じがあるので今までと同じペースで書けるか分かりませんが、今年も変わらず頑張りたいと思いま...
新年明けましておめでとうございます。

年末年始は雪も降らず今年も平穏な一年になると良いなと思います。


ブログに関してですが、昨年はそこそこ記事を書けたかなと思って確認してみたところ61記事でした。
2013年は61記事
2014年は57記事
でしたので意外と変わりありませんでした。

大体6日に一本のペースですね。

ネタもだいぶ尽きてきた感じがあるので今までと同じペースで書けるか分かりませんが、今年も変わらず頑張りたいと思います。




以下本題です。


以前の記事でドライブレコーダーを取り付けてみましたが、当時は電装系の知識が殆ど無かったため電源ソケットから電源を取っていました。

こんな感じです。
cfr3c34c fwr
普段、電源ソケットはセンターコンソールに隠れていますし、コードもフロアマットの下に隠れているので殆ど気にならないのですが、ごちゃごちゃしている感は拭えません。



まあこのままでも良かったのですが、USB電源の取付等で色々知識を身につけましたので、ヒューズ電源から電源を取ってみることにしました。





さて、そのヒューズ電源ですが常時電源ではなくACC電源から電源を取ることにします。



このACC電源と常時電源の違いですが、

ACC=通常のアプリ=画像ビューワ、ブラウザ
常時電源=裏で動いているアプリ=LINE、ツイッター

のようにスマートフォンのアプリで例えると分かりやすいと思います。


ACC電源の場合、使っている時はもちろん電力を消費しますが、アプリを閉じてしまえばそれ以上の電力消費はありません。電池の残量が減ってきたら取り敢えずアプリを閉じて充電すれば電池切れにはならないでしょう。

一方常時電源の場合、使用の有無に関わらず裏で動いて電力を消費します。そうでないと着信や通知が来ないからです。電池の残量が減ってきたからといってアプリを閉じても充電する前に電池切れになることもあります。

通常のアプリは増やしても問題ありませんが、裏で動いているアプリを増やすとあっという間に電池の残量が減ってしまいます。


つまり車の場合、常時電源から取る電気設備を増やしてしまうとエンジンを動かしていない時でも電力を消費してしまうため、バッテリーを上げてしまう原因になってしまうのです。
駐車中も車内・車外の様子を録画したいという場合は常時電源でないと不味いわけですが、今回の場合そこまでは求めません。


しかしACC電源であれば上記の恐れはないため、必然的にこちらの電源に繋ぐことになるのです。







さて前置きが長くなってしまいましたが、ACC電源はここから取りました。
 3rw4y4y4



使用したパーツはこちらです。
 g3rtf4 3r5
【2837】フリータイプヒューズ電源(低背)
ハリアーは低背型です。

既存のヒューズを引っこ抜いてからこちらのパーツに取り付けます。
そしてまた元に戻すとこの赤い線から電源が取り出せるという訳です。

非常に簡単ですね。




続きを読む

ハリアーにUSBポートを増設してスマホを充電してみる②(後部座席)

関連記事・ハリアーUSBポート取り付け計画①(運転席側)・ハリアーUSBポート取り付け計画③(助手席側)前回に引き続きハリアーにUSBポートを取り付けます。今回は後部座席に取り付けたいと思います。さて、まずどこに付けるかですがざっと考えてみたところ下記の案が思い浮かびました。・センターコンソール後部・リアカップホルダー内・ヘッドレスト内・アームレストの吸殻入れの中センターコンソールについては、エーモンの施工...
関連記事
・ハリアーUSBポート取り付け計画①(運転席側)
・ハリアーUSBポート取り付け計画③(助手席側)



前回に引き続きハリアーにUSBポートを取り付けます。


今回は後部座席に取り付けたいと思います。


さて、まずどこに付けるかですがざっと考えてみたところ下記の案が思い浮かびました。

・センターコンソール後部
・リアカップホルダー内
・ヘッドレスト内
・アームレストの吸殻入れの中

センターコンソールについては、エーモンの施工例で紹介されていますが、センターコンソールを分解するのが面倒臭そうなことと穴開けが怖かったので却下。
リアカップホルダー内についても配線が可動部分にかかってしまうため却下。
ヘッドレスト内についても配線が面倒くさそうなことと穴開けが怖かったので却下。

最後の案のアームレストの吸殻入れの中については、普段蓋がしてあるので目立ちませんしパワーウィンドウスイッチから配線を引っ張れば簡単に電源が確保出来そうでしたので、ここに取り付けてみることにしました。




さて、まずアームレストを取り外します。

getrtvr


内張り剥がしを差し込めば簡単に外れます。
底についているパワーウィンドウの配線を外すと完全に取り外すことができます。

 jrんt



今回取り付けるパーツはこちらです。

 んつr
【2882】USB電源ポート(埋め込み用)

前回はダミースイッチと入れ替えるタイプでしたが今回は丸型のこちらを使用してみました。まあどちらも2.1Aなので好みの問題ですが・・・。



まずは吸殻入れを加工します。


吸殻入れに蓋はありますが、底に配線を通すための穴は空いていないためアームレストに吸殻入れを入れた状態をドリルで一気に貫通させます。

 んrftnytr

htrbsgつぇn




次に吸殻入れの中にUSBポートを固定するためホットボンドを使用します。
jyrぶ

目立たないように黒色で固定します。

 ちゅn


よくよく見ると不格好ですが覗きこまないかぎり見えないのでOKです。



g3fr

ぐっと引っ張ってみて動かなければ完成です。








次は配線の作業に入ります。


アースの取り付け箇所はドアのヒンジ部分にしました。

n rhy

アームレストの穴から手で突っ込こんでヒンジ側に渡すこともできますが、配線ガイドを使うと作業が楽です。

ンyrty


hbrt
目立ちません。





続きを読む

ハリアーにUSBポートを増設してスマホを充電してみる①(運転席側)

関連記事・ハリアーUSBポート取り付け計画②(後部座席側)・ハリアーUSBポート取り付け計画③(助手席側)今年は全く雪が積もりません。先週少し舞うことはあったのですが、そもそも寒くないので直ぐに雪に変わってしまいました。明日も雪マークと雨マークが出ていますが恐らく雨が降るような気がします。さて、今回からハリアーのUSBポート取り付け計画ということでDIYを行います。USB充電ポートはスマートフォンがほぼ普及しきっ...
関連記事
・ハリアーUSBポート取り付け計画②(後部座席側)
・ハリアーUSBポート取り付け計画③(助手席側)



今年は全く雪が積もりません。

先週少し舞うことはあったのですが、そもそも寒くないので直ぐに雪に変わってしまいました。
明日も雪マークと雨マークが出ていますが恐らく雨が降るような気がします。


さて、今回からハリアーのUSBポート取り付け計画ということでDIYを行います。


USB充電ポートはスマートフォンがほぼ普及しきった今では新しい車に当然のように付いていますが、残念ながら30系ハリアーには付いていません。
私も例に漏れずスマートフォンを所持しているので今まではシガーソケットから充電するタイプを使用していたのですが、あまりスマートではありませんし充電スピードが遅いため以前からなんとかしたいと思っていました。



ということで運転席、助手席、両後部座席の全4箇所にUSBポートを取り付けたいと思います。


第1弾は運転席側です。



取り付け箇所ですがここにスイッチが余っていますのでこちらにしました。
mぅい



今回購入したパーツはこちらです。

vhtyjkt

エーモンの【2871】USBスマート充電キット(トヨタ・ダイハツ車用)です。
30系ハリアーの場合こちらが適応します。

同じような製品である【2870】USBスマート充電キット(トヨタ車用)は適応しませんのでご注意下さい。

ダミーのスイッチと交換するタイプですので限りなく純正っぽく仕上げることができると思います。
基本的に一式パーツが揃っているので工具さえあれば他にパーツは必要有りません。



さて、早速内張りを剥がします。
yvr
スカッフプレート→足元のカバー→コラムカバーの順番で外します。全て手で外すことが出来ます。




ここの部分をパコッと外して取り付けます。

byv4rtv45




続きを読む

ヘッドライトをHIDに交換してみました(6000K→8000K)

約2年前に純正の4300K→6000Kに換えたことを記事にしました。あれから2年が経過し球切れすることなくバッチリ点灯していますが、最近特にネタもないので(?)8000Kに交換してみました。前回は薄暗い中作業をしたため交換途中の画像を上手く撮ることができたのですが、今回は完全に明る中で作業をしてしまったため、交換後の写真のみです。一応前回の写真と比較するため同じカメラを使おうと思ったのですが、既に譲渡してしまったた...
約2年前に純正の4300K→6000Kに換えたことを記事にしました。


あれから2年が経過し球切れすることなくバッチリ点灯していますが、最近特にネタもないので(?)8000Kに交換してみました。


前回は薄暗い中作業をしたため交換途中の画像を上手く撮ることができたのですが、今回は完全に明る中で作業をしてしまったため、交換後の写真のみです。


一応前回の写真と比較するため同じカメラを使おうと思ったのですが、既に譲渡してしまったため、BlackBerryClassicを使っての撮影です。
ですので写真は参考程度に思って下さい。


れんjtkjhgfghkkじゅhytれrちゅ


左から6000K 4300K 8000K 8000Kです。




素人目でも"青く"見えないのでおそらく車検は大丈夫でしょう。
というかあまり変わっていないような気がします(^_^;)



続きを読む

オートリトラクタブルミラー&リバース連動ミラーの配線に挑戦しました

オートリトラクタブルミラー物は車をロックすると自動でミラーが折りたたまれるという機能です。最近の車には結構付いているようでしたので、てっきりハリアーには標準で付いているものだと思っていましたが、どうやらオプションらしく車を購入する際は見送りました。しかし、他の車をみて今どきでかっこいいなと思い始め、配線パーツががネットで安かったため購入し取り付けてみました。取り付けの工程は取り忘れてしまいましたが...
オートリトラクタブルミラー

物は車をロックすると自動でミラーが折りたたまれるという機能です。


最近の車には結構付いているようでしたので、てっきりハリアーには標準で付いているものだと思っていましたが、どうやらオプションらしく車を購入する際は見送りました。


しかし、他の車をみて今どきでかっこいいなと思い始め、配線パーツががネットで安かったため購入し取り付けてみました。


取り付けの工程は取り忘れてしまいましたが、取扱説明書も入っていますし難しくなかったと思います。


一応新たに配線を這わせるのでバッテリーのマイナス端子を外してから作業をしてください。






購入したものは純正品ではありませんが、問題なく動きました。


純正だとパーツ代だけで10,000円を超えますが、自分で取り付けたので標準価格の1/3くらいで済みました。


Ry

さりげなく高級っぽくていい感じです。

続きを読む

パワーバックドアのアシスト機能設定を変更してもらいました

そういえば車検のときにパワーバックドアの設定を変えてもらいましたのでそのご紹介を。どんな機能かといいますと、通常はバックドアの持ち手を触っただけではドアは開かないのですが、この設定を変えることにより持ち手を触っただけで自動でドアが開くのです。(パワーバックドアオプション車のみ)説明書に「ユーザーカスタマイズ」という設定集があるのですが、このパワーバックドアのアシスト機能については、なぜか工場出荷時...
そういえば車検のときにパワーバックドアの設定を変えてもらいましたのでそのご紹介を。


どんな機能かといいますと、通常はバックドアの持ち手を触っただけではドアは開かないのですが、この設定を変えることにより持ち手を触っただけで自動でドアが開くのです。(パワーバックドアオプション車のみ)


説明書に「ユーザーカスタマイズ」という設定集があるのですが、このパワーバックドアのアシスト機能については、なぜか工場出荷時にオフにされています。


hvgg


ユーザー自らオンオフができればよいのですが、どうやらそうはいかないらしくディーラーさんで設定をしてもらう必要がありました。

設定自体は前から知っていたのですが、そのためだけにディーラーに行くのも申し訳なかったため車検時に一緒にやってもらいました。


続きを読む

純正ナビのビジュアルを変更してみました

大げさなタイトルですが、純正ナビのビジュアル設定変えてみましたのでご紹介します。設定は情報G-次のページ−設定 から。早速ですが、ビフォーアフターです。ビフォーアフター変更前は周りの色とマッチしておらず浮いた感じでしたが、オレンジ色にすることで木目調のパネルと上手くマッチしています。ぜひお試しあれ。...
大げさなタイトルですが、純正ナビのビジュアル設定変えてみましたのでご紹介します。



設定は
情報G-次のページ−設定 から。

早速ですが、ビフォーアフターです。

ビフォー

cool

アフター

hot

変更前は周りの色とマッチしておらず浮いた感じでしたが、オレンジ色にすることで木目調のパネルと上手くマッチしています。


ぜひお試しあれ。

続きを読む

ドライブレコーダー(Drive pro200)を取付けてみました

ドライブレコーダーについては以前から万が一の時のためにということで購入を考えていたのですが、そこそこ種類があり高価であり取り付けも面倒臭そうだったので購入を見送っていましたが、今回ドライブを記録に残したいという思いに押されて購入に踏み切りました。機種の選定~購入まで30分程度でした。 購入したのがこの「Drive pro 200」というものです。Transcendというメーカーなのですが、台湾の会社で半導体(USBメモリなど...
ドライブレコーダーについては以前から万が一の時のためにということで購入を考えていたのですが、そこそこ種類があり高価であり取り付けも面倒臭そうだったので購入を見送っていましたが、今回ドライブを記録に残したいという思いに押されて購入に踏み切りました。
機種の選定~購入まで30分程度でした。



購入したのがこの「Drive pro 200」というものです。


ii
Transcendというメーカーなのですが、台湾の会社で半導体(USBメモリなど)を製造しています。
3月に発売したばかりでしかもドライブレコーダーの製造は初ということらしく購入に際して若干の不安があったのですが、スペックと、値段とメーカーを見てほぼ即決しました。



ちなみスペックは下記のとおりです。


私の場合勢いで買ってしまいましたがドライブレコーダーを購入するのにあたり悩むであろう点と実際に購入した「Drive pro 200」を比較してみました。



メーカー
Transcend(半導体メーカーとしては有名ですが、ドライブレコーダー界では無名です)

解像度
FHD or HD(少し前まではHDが主流でしたが今はFHDが主流です)

FPS
30FPS(主流は30FPSfであり最低限この数値がないと動画として成り立ちません。ただしLED不点灯の対策はされていないようですので信号が消える空白期間が生まれます。詳しくはこのあたりを。0.5秒程度ですがこれをどう見るかは判断が分かれますね)

GPS
無(あるものとないものがあります。あるとGPSのデータを地図に落とせたりするので動画をアップする時は便利だそうです。よく考えればあったほうが良かったのですが、まあなんとかなるでしょう。)

Gセンサー
有(最近は大体付いているようです。後術しますが所謂加速度センサーというもので事故があった時に反応し前後の動画が上書きされないようにロックしてくれます。なおこの機種は常時録画型であり通常はSDHCの容量が一杯になった場合は順次上書きされるのですが、事故があった場合は別フォルダに保存されるという方式になっています。
因みにGセンサーの設定を低・中・高の3段階から選べるのですが、低だと小さな段差でもイベント録画モードに移項してしまうため普段は中で使っています。

録画時間
1、3、5分(1ファイルあたりの容量を軽減するため区切って録画されます。)
空白時間
ほぼ無し(ドライブレコーダーを購入するのにあたりかなり大事なことなのですが、前述したように1ファイルあたりの容量を軽減するために区切って録画(ファイルを保存)するため、動画と動画の間に撮影されない空白時間が存在してしまいます。この空白時間は短ければ短いほどいいのですが、この機種に限っては優秀なようです。

音声
有or無(普通は選択できます)


オートバックスのHPにわかりやすい解説がありますので是非そちらもご覧ください。


http://www.autobacs.com/shop/c/c170000


実際の取り付けですが配線隠し等も含めてかなり簡単にできます。


まずスカッフプレートをがばっと取り外します。
f23fr23r


隙間に詰めていきます。
efr23er23


ピラーを少しずらします。
asasasasas


隙間に詰めていきます。
sasasas


詰めていきます。
fr23rf23


そしてここに取り付けました。
cwacqw
bvwravwe


続きを読む

バックライト&ライセンスランプを交換しました

最近めっきり冷え込んできましたねー。部屋の中が寒いとスマートフォンで全て済まそうとしてしまうため、パソコンの前に立つ回数が減りました。まあ、ブログの更新は"全て"に含まれていないので最近更新していなかったのですが・・・。さて、パーツはだいぶ前に取り付けていたのですが、まだ紹介していませんでしたので記事にしてみました。バックライトとライセンスランプを交換してみました。バックライトにつきましては、夜間バ...
最近めっきり冷え込んできましたねー。


部屋の中が寒いとスマートフォンで全て済まそうとしてしまうため、パソコンの前に立つ回数が減りました。
まあ、ブログの更新は"全て"に含まれていないので最近更新していなかったのですが・・・。



さて、パーツはだいぶ前に取り付けていたのですが、まだ紹介していませんでしたので記事にしてみました。
バックライトとライセンスランプを交換してみました。


バックライトにつきましては、夜間バックカメラが殆ど役に立たないため何とか明るくならないかと思い交換してみました。
ライセンスランプにつきましては、今風の真っ白なタイプにしたかったため交換してみました。


いずれもらいと兄弟。さんのパーツです。


 げrg   げr


続きを読む

シートベルトの警告音を消す方法、キーレスの裏ワザ?

私は当然シートベルトを付けて公道を走っていますが、駐車場内等では外すこともあるため外した時に鳴ってしまう警告音が若干邪魔だなと思っていました。ネットで調べたところその方法が記載されていましたので紹介します。①キーをONにしてODO/TRIPスイッチで、TRIPメーターの表示をODOにする。②キーを一旦OFFにして再度ONにします。③その後ODO/TRIPスイッチを10秒ほど長押しした後すぐにシートベルトをします。(素早く!)すると...
私は当然シートベルトを付けて公道を走っていますが、駐車場内等では外すこともあるため外した時に鳴ってしまう警告音が若干邪魔だなと思っていました。



ネットで調べたところその方法が記載されていましたので紹介します。


①キーをONにしてODO/TRIPスイッチで、TRIPメーターの表示をODOにする。
②キーを一旦OFFにして再度ONにします。
③その後ODO/TRIPスイッチを10秒ほど長押しした後すぐにシートベルトをします。(素早く!)

するとメーターの表示に b-on若しくはb-offという表示が出ますので、ODO/TRIPスイッチで切り替えてください。表示のとおりonが警告音あり offが警告音無しです。



因みに私は警告音無しにして調子に乗っていたところ警察のお世話になりましたので、警告音オフにするのはオススメしません。
参考まで減点1点、反則金0円でした(^_^;)






ついでに前回に引き続き説明書に書かれている機能を紹介したいと思います。つまり残念ながら裏ワザでも何でもありません。



キーレス裏技?

・キーレスのロックボタンを3秒以上押すと窓ガラスが全て閉まる。
・キーレスのアンロックボタンを3秒以上押すと窓ガラスが全て開く。
・エンジンを切ってから45秒以内なら車内から窓ガラスの開け閉めが可能。


特に3番目については、うっかり窓ガラスを開けたままエンジンを切ってしまった時でも再度エンジンをかけてなくて済むため結構便利です。

続きを読む

レクサス風な♪ ドアカーテシランプを赤色に交換して高級車っぽくしてみました

今回は運転席と助手席のドアのカーテシランプを交換してみました。カーテシランプはカーテシライトとも言われ、車に乗り降りする人の足元を照らす照明のことです。ドアの下部に設けられているのでドアカーテシとも言われます。コントパクトカーや軽自動車にはついていないこともあるのですが、ハリアーは運転席側と助手席側についています。ちなみに60系ハリアーも同様です。高級車の場合は後部座席にもつくようですが、残念ながら...
今回は運転席と助手席のドアのカーテシランプを交換してみました。


カーテシランプはカーテシライトとも言われ、車に乗り降りする人の足元を照らす照明のことです。
ドアの下部に設けられているのでドアカーテシとも言われます。



コントパクトカーや軽自動車にはついていないこともあるのですが、ハリアーは運転席側と助手席側についています。
ちなみに60系ハリアーも同様です。
高級車の場合は後部座席にもつくようですが、残念ながらハリアーにはつかなかったようです。



さて、交換するにあたって何種類か検討する必要があります。


①電球のみ白色LED化
②赤色のカバーに変更し、電球も赤色LED化
③ハリアーのロゴを投影する


①は他の人もやっているので差別化をはかりたかったのでボツ。
②はレクサスRXのパーツをそのまま流用すると赤色になるということですので採用しました。
③は交換した後に発売されたので当時は選択肢になかったのですが今なら③でもいいかもしれません。
最近の流行りはメーカーのロゴや車種のロゴが投影するタイプですね。


こんな感じです。
ちょっと派手すぎる気もしますが(^^;
カーテシランプ ロゴ2 カーテシランプ ロゴ1


続きを読む

ヘッドライトをHIDに交換してみました(4300K→6000K)

ヘッドライトなんて黄色いままでいいと思っていましたが、夜キレイに光る対向車のヘッドライトを見て変えてみたくなりました。右が純正、左が交換後です。私が購入したのはケルビン数が6000Kのものです。8000Kだと車検に通らないらしいという噂を聞いたため6000Kにしたのですが、意外と黄色かったです。純正が4300Kと聞いていたので十分かなと思っていたのですが・・・。全くチキンハートです。ただ素人目でみても車検に通ることは...
ヘッドライトなんて黄色いままでいいと思っていましたが、夜キレイに光る対向車のヘッドライトを見て変えてみたくなりました。



;;;;;;;




右が純正、左が交換後です。



私が購入したのはケルビン数が6000Kのものです。



8000Kだと車検に通らないらしいという噂を聞いたため6000Kにしたのですが、意外と黄色かったです。



純正が4300Kと聞いていたので十分かなと思っていたのですが・・・。



全くチキンハートです。



ただ素人目でみても車検に通ることは明らかなので、まあこれでもいいかなと思うことにします。


球が切れたら8000Kに挑戦してみたいと思います。





2014.7.30 追記

一年近く経ちましたが球が切れることもなくしっかりと発光しています。


うれしいことですが、8000Kに挑戦するのは当分先になりそうですね。

ちなみに車検ですが特に何も言われず通りました。

2015.4 追記
8000Kに交換してみました!

続きを読む

プロフィール

シスイ

Author:シスイ
長野県の南の方に住んでいますが寒いです。スタッドレスタイヤ必須です。

30系ハリアーを平成23年7月に納車しました。
旧型を愛する20代の独身サラリーマンが、同じハリアーオーナーにしか気付かれない純正然なカスタマイズを目指します。
ついでに10系アクアもいじります。

【メールはこちらから】

月別アーカイブ

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

アクセスカウンター(UU)

アクセスカウンター(PV)

アクセスランキング

スポンサーリンク

楽天

Amazon